HISTORY

沿革

  • 大正3年5月
    木箱製造販売を目的に「山口製箱所」創業。
  • 昭和27年7月
    資本金65万円にて「山口製凾株式会社」設立。
  • 昭和33年
    製箱工場を現工場地(神岡町大住寺)へ新築移転。
    製材工場を併設し、木工の一貫体制を確立。
  • 昭和35年6月
    資本金260万円に増資。
  • 昭和38年4月
    紙工部門設立。段ボールケースの製造を開始。
  • 昭和38年6月
    資本金520万円に増資。
  • 昭和43年2月
    第二工場設立。
  • 昭和45年4月
    資本金1500万円に増資。
  • 昭和47年4月
    紙工工場新設。
  • 昭和50年8月
    資本金3000万円に増資。
  • 昭和51年
    フレキソ印刷機導入、初の全自動化。
  • 昭和52年8月
    資本金4500万円に増資。
  • 平成3年4月
    BOBST製 平抜打抜機1575導入。
  • 平成3年5月
    本社社屋新築。
  • 平成7年
    三菱重工製 FFG SUMMITⅡ115 更新。
  • 平成14年9月
    ISO9001認証取得。
    木工部を分社。
  • 平成15年9月
    「株式会社ユーパック」に社名変更。
  • 平成17年
    三菱重工製 FFG EVOL84 更新。
  • 平成25年11月
    木箱製造会社「株式会社箱や」設立。
  • 平成26年3月
    5S活動開始。
  • 平成26年5月
    創業100周年。
  • 平成27年11月
    自動紙粉除去装置「とるぞう君」導入。
  • 平成30年
    ヒューテック製 画像検査装置導入。
  • 平成30年7月
    研究所「HACO-LABO」開設。
  • 平成31年2月
    FSC(Forest Stewardship Council ) 認証取得。