HISTORY OF 100YEARS

 

100年の歩み

 

創業の時代

 

1914年5月

山口辰三郎が木箱製造販売業「山口製箱所」創業
手作りで手延素麺箱と素麺道具一式を製造

大正11年 作業所及び従業員たち(左端が辰三郎)

1928年

醤油箱と手延素麺箱を製造

左)醤油瓶桟凾 右)素麺箱

 

成長の時代

 

1952年7月

「山口製凾株式会社」設立

1957年

代表取締役に山口保就任

1958年

製箱工場を新築移転。
製材工場を併設し、木工の一貫体制を確立

昭和40年 醤油箱製造風景

1963年

紙工部門設立。段ボールの製造を開始

昭和40年 段ボール製造風景

1972年

紙工工場新設

昭和44年 新工場移転・再建

 

創造の時代

 

1976年

フレキソ84印刷機導入、初の全自動化

昭和51年 フレキソ84印刷機竣工式

1982年

フレキソ115印刷機導入

1991年

本社社屋新築

平成3年 本社社屋新築

2000年

代表取締役に山口恭弘就任

2002年

ISO9001認証取得
木工部を分社

2003年

社名を株式会社ユーパックに変更

2005年

三菱EVOL84印刷機更新

平成17年 エボルフレキソ84導入

2014年

創業100周年

平成26年 創業100周年

 

現在

 

2018年

研究所「HACO-LABO」開設
画像検査装置導入

2019年

FSC(Forest Stewardship Council )認証取得

創業者の山口辰三郎が掲げた「お客様第一」を守り抜き、
「真心をこめて 凾に生きる」を理念とする
箱屋に懸けた三代にわたる100年の歳月は、
決して平坦ではありませんでしたが、
それぞれの時代を逞しく生き抜いた確かな足跡が
伝承されています。